埼玉とゆかりの深い太宰治

埼玉とゆかりの深い人物といえば太宰治です。
太宰はさいたま市大宮区で代表作の1つである「人間失格」を小野沢清澄さんの家で書き上げたのです。
人間失格は「恥の多い生涯を送って来ました」という一文から始まります。

 

小野沢さんの話では太宰の暮らしは寂しく静かなもので明るい影はどこにも見らなかったといいます。
仕事場は8畳、3畳の2部屋で午前9時から午前3時までは3畳間の大きな黒机に向かっていたのです。
1日に仕上げる原稿量は原稿用紙5枚ほどで仕事がうまくいった日は上機嫌でウイスキーの瓶を一晩で空にする事もありました。

 

脱稿から1ヶ月後に太宰は小野沢さんの家に足を運んでいます。
この時は朝日新聞に「グッド・バイ」という小説の連載をしている頃でした。
太宰はこの時筆がまったく進まない事を小野沢さんにもらしています。
太宰はいつでも寂しそうな人でしたがこの時は本当に寂しそうでその時の太宰を小野沢さんは忘れる事が出来ないそうです。

 

太宰はその翌日夜、富栄と玉川上水へ身を投げました。


痛風治療

痛風の予防や対策についてのお役立ち情報サイト!
www.tuufuutiryou.info/